製造系エンジニアの転職と求人【機械・電気・電子・化学】

MENU

製造系のエンジニアとして転職

製造系のエンジニアとして、転職をしたいと思ったとき、やはり、自分がどれほどの技術を持っているのか
を知ってもらうことは、とても重要なポイントになります。
自分の中でまとめておきましょう。
製造系のエンジニアといっても、機械、電気、電子、化学など様々な分野があります。
そこで、何をやっていたのかをしっかりアピールすることは大切です。

 

転職を考えた際、未経験の分野よりも、自分を生かすことが出来る、
今までの経験が役に立つ、そんな職種であればあるほど、再就職には有利になります。
製造系のエンジニアとして働いてきた経験を活かして、製造系のエンジニアとしてスキルアップの転職。
やり甲斐のある仕事に就いて、より技術を磨いていきたいですね。

 

製造系のエンジニアとしての経験があるなら、どういったことをしてきたのか、しっかりとアピールするといいでしょう。
今までの作り上げてきたもの、やってきたプロジェクト・仕事を見てもらうことは、大きなポイントになります。
自分の技術がどれほどのものかを分かってもらうためには、
自分の作品や経験を見てもらうのが一番手っ取り早く、分かりやすい方法です。
転職で失敗しないためにも、今まで自分がしてきたことを一度まとめてみるといいと思います。

自分をアピールして、転職する

エンジニアとして、スキルアップを目的として転職をしたいと考えることも出てくるかもしれません。
新しいところで、またエンジニアとして働くためには、どういったことをしていけばいいのでしょうか。
製造系エンジニアとしてだけでなく、転職をするために、必要なものといえば、やっぱり履歴書です。
そこで働きたい!その熱意を感じ取ってもらう。
自分がどんな人間かわかってもらう。
そのためにも、自己PRはとても大切なものになります。

 

自己PRは苦手、という日本人はかなり多いです。
日本人の気質というものなのでしょうね。
どうしても自分の長所を並べることに抵抗感を感じてしまう人は多いです。
でも、それでは転職に不利。
自分の長所が1つもないなんていう人はいませんから、今一度自分自信をよく観察して
自分の良さ、強みを再確認したいところですね。

 

自己PRを書くために大切なことは、やはり自分を客観的に見ること。
自分がどんな人間かを知ってもらうためには、自分もどんな人間なのかを自分で分かっていなければいけません。。
うまく自己PRを使って、相手にわかってもらうようにしましょう。

 

製造系のエンジニアが転職を考える時期

多いのは、新卒で就職して2,3年の20代の中ごろから後半。
「配属先が希望していたところと違う」「やりたい仕事が全くできない」「こんな仕事をするためにここに就職したわけではない」
いわゆる第二新卒の転職ということになります。

 

そして、30代前半から35歳ぐらい。
「結婚のために移住した」「新居を購入したので転勤したくない」「長男だし、両親の世話をしなければならない」
などの理由からUターン・iターン転職で、東京や大阪から群馬・秋田・福岡・高松・松本など
都市から地方への求人探し。

 

35歳を過ぎると、転職したいと思っても求人自体がかなり減ってくるといこともあって
そういう年代の転職希望が多いです。
ただ、35歳を過ぎてもまったく求人がないわけでもないので、40歳でも転職される方はいます。
さすがに45歳を過ぎると、かなり大変だというのが現実です。

リンクサイト

更新履歴